広島市 債務整理 法律事務所

広島市在住の人が債務整理・借金の相談するならこちら!

お金や借金の悩み

広島市で借金・債務などの悩み相談をする場合、どこがいいのか決められないでいるのでは?
せっかく相談するのであれば、優秀な司法書士や弁護士がいる法律事務所・法務事務所を選びたいもの。
このサイトでは、ネットで無料相談出来る、お勧めの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
もちろん広島市に対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
いきなり直接相談するのはちょっと気後れする、と思っている人にもお勧めです。
借金返済・債務で困ってるなら、まずは弁護士・司法書士に相談して、解決策を探しましょう!

債務整理・借金の相談を広島市在住の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

広島市の借金返済・債務問題の相談なら、この事務所がおすすめです。
弁護士対応で、全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いの対応も可能。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをストップするのもできます。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、債務や借金に関して無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金や債務の問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に合った方法で借金問題を解決していきます。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から支払できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいため、おトクに解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので広島市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



広島市周辺の他の法律事務所・法務事務所を紹介

他にも広島市には司法書士や弁護士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●岡野法律事務所
広島県広島市中区13-13広島基町NSビル6階
0120-960-743
http://okano-hiroshima.jp

●小野法律事務所
広島県広島市中区上八丁堀8-8ウエノヤビル14F
082-211-3030
http://tode.jp

●吉岡法律事務所
広島県広島市中区鉄砲町1-20ウエノヤビル310F
082-502-2124
http://yoshioka-lawyer.jp

●広島司法書士会総合相談センター
広島県広島市中区上八丁堀6-69
082-511-7196
http://shiho-hiro.jp

●A.I.グローバル(司法書士法人)
広島県広島市中区紙屋町1丁目3-2
082-246-0630
http://forcustomer.com

●小野司法事務所(司法書士法人)
広島県広島市中区富士見町13-18
082-545-0711
http://onojimusyo.jp

●悠司法書士事務所
広島県広島市中区中町7-35和光中町ビル5F
082-248-8555
http://office-haruka.com
島本総合(司法書士法人)
広島県広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル3F
082-222-2181
http://sssh.jp

●あすみあ司法書士事務所
広島県広島市中区西白島町16-7NiDiビル2F
082-502-6485
http://sihou.biz

●和田佳江司法書士事務所
広島県広島市中区小町3-31
082-545-2003
http://wadashihoshoshi.com

●もみじ総合法律事務所
広島県広島市中区上八丁堀5-1新上八丁堀ビル4F
082-227-2580
http://momiji-law.com

●鄭事務所
広島県広島市南区猿股猿猴橋町5-3
082-209-3710
http://ww7.enjoy.ne.jp

●板根富規法律事務所
広島県広島市中区上八丁堀7-10
082-224-2345
http://itane.jp

●ひまわり法律事務所
広島県広島市中区八丁堀5-22メゾン京口門1F
082-227-5575
http://himawari-law.com

●橋口司法書士事務所
広島県広島市中区基町5-44広島商工会議所ビル8F
082-511-7000
http://shihou-hashiguchi.com

●山下江法律事務所
広島県広島市中区4-27上八丁堀ビル703
082-223-0695
http://law-yamashita.com

広島市にある地元の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

広島市で借金の返済や多重債務に困っている状況

消費者金融やクレジットカード会社などからの借入金で悩んでいるなら、きっと高利な利子に悩んでいることでしょう。
借りたのは自分ですので、自分の責任だから仕方ありません。
ですが、複数のクレジットカード会社や消費者金融から借金していると、額が大きくなり、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまうでしょう。
月ごとの返済だと利子だけしかし払えていない、という状況の人もいると思います。
ここまで来てしまうと、自分ひとりの力で借金を清算するのはほぼ不可能と言っていいでしょう。
債務整理をするため、なるべく早く司法書士・弁護士に相談するべきです。
どのようにすれば今の借金をキレイにできるのか、借金を減額することができるか、過払い金はあるのか、等、弁護士・司法書士の頭脳をかしてもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

広島市/債務整理のデメリットって?|債務整理

債務整理にも多くのやり方があって、任意で闇金業者と話しあう任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生もしくは自己破産等の類が在ります。
では、これらの手続について債務整理のデメリットという点があるでしょうか。
これら3つの進め方に共通していえる債務整理の不利な点と言うのは、信用情報にその手続を行った旨が載ってしまうという事ですね。世にいうブラック・リストと呼ばれる情況になるのです。
すると、おおむね五年から七年ぐらい、ローンカードが創れなかったり借り入れが不可能になります。けれども、あなたは返済するのに苦しみぬいてこれ等の手続を実際にする訳なので、もうしばらくの間は借金しないほうが良いのではないでしょうか。じゃクレジットカード依存にはまっている人は、逆に言えば借り入れが不可能になることでできなくなることで救済されるのではないかと思われます。
次に個人再生、自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続をした旨が掲載されるという事が挙げられます。とはいえ、あなたは官報など観たことがあるでしょうか。逆に、「官報とはなに」という人の方が多数いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国がつくるする新聞に似たものですが、消費者金融等の一部の方しか目にしてません。ですから、「破産の事実が周りの人々に知れ渡った」等という心配事はまずもってないでしょう。
終わりに、破産独特の債務整理の欠点ですが、一度破産すると7年という長い間、2度と自己破産出来ません。そこは十二分に留意して、二度と自己破産しなくても済む様に心がけましょう。

広島市|自己破産のリスクとはどんなものか/債務整理

率直に言えば世の中で言われる程自己破産のリスクは多くないです。高価な車・マイホーム・土地等高価値のものは処分されるが、生きていく中で必要なものは処分されません。
又二十万円以下の預金は持っていてもいいのです。それと当面の間数カ月分の生活費が100万円未満ならば没収される事は無いでしょう。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもごく僅かな人しか見てないでしょう。
又俗に言うブラックリストに掲載されて7年間の期間キャッシング若しくはローンが使用不可能な現状となるが、これは仕様が無いことです。
あと決められた職種に就職できなくなることがあるでしょう。しかしこれも極少数の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返金する事ができない借金を抱え込んでるのであれば自己破産を進めるというのも一つの進め方です。自己破産を実施したならば今日までの借金がすべて帳消しになり、新しい人生をスタート出来るということで利点の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士や公認会計士や司法書士や弁護士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として保証人・後見人・遺言執行者にもなれません。又会社の取締役などにもなれないです。だけれどもこれらのリスクはあまり関係無い時が多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物じゃないはずです。